福井麻衣 OFFICIAL WEBSITE

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

幼少期をスウェーデンで過ごし、ハープに巡り合う。
パリ国立高等音楽院ハープ科、室内楽科を経て同音楽院修士課程を審査員満場一致の最優秀と審査員特別賞を受賞し、首席で卒業。 2001年大阪国際音楽コンクール中学部弦楽器部門優勝、併せて協賛賞を受賞。
02年日本ハープ・コンクール、アドバンス部門3位受賞。
05年パリ国際ハープ・コンクールにて日本人初の優勝。
翌年優勝受賞記念ヨーロッパ・コンサート・ツアーを行う。
07年アメリカ国際ハープ・コンクール入賞。
12年世界最高峰イスラエル国際ハープ・コンクールにて3位受賞、又現代曲の特別賞も併せて受賞。
本選では、イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団とハープ協奏曲を共演。

10年パリ・オペラ座の演目にハープ奏者として演奏。
11年小澤征爾指揮、サイトウ・キネン・オーケストラに参加。
その後もセイジ・オザワ松本フェスティバル、世界ハープ会議、フランス・ガルジレス・ハープ祭、草津音楽祭、ムジークフェストなら、咲くやこの花芸術祭、フェスティバル・オウォンに招かれ演奏。室内楽奏者として、ヴァイオリンのジェラール・プーレ、澤和樹、チェロの梁盛苑らと共演。 これまでにイスラエル・フィル、奈良フィル、日本センチュリー、フランス・カーン・オーケストラとソリストとして共演。
2016年NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」に出演。
又、FM大阪「おしゃべり音楽マガジン くらこれ!」にも多数出演。

14年ファースト・アルバム“Bijoux de la Harpe”~「ハープの宝石箱」をリリース。「レコード芸術」誌14年8月号にて特選盤、又優秀録音に選ばれる。

松尾正代、吉野篤子、S.マクドナルド、G.ロレンティーニ、I.モレッティ、G.レタング各女史に師事。室内楽をM.モラゲス氏に師事。
08年~09年ローム・ミュージック・ファンデーション奨学生。
12年度青山音楽賞新人賞受賞。
14年大阪市より「咲くやこの花賞」受賞。
14年より15年までフランス・アミアン地方音楽院非常勤講師を勤める。
18年4月より東京藝術大学ハープ科非常勤講師。
ヨーロッパ、アジア、日本各地にて演奏活動を行う。
« Her debut CD shows, without doubt, the performance of a harpist who will shoulder the harp world in Japan. » Record Geijutsu Magazine (J. Hamada)

Mai’s debut CD, “Bijoux de la Harpe” was named “CD of the Highest Honour” in the Record Geijutsu Magazine (Aug, 2014), Japan’s most prestigious album review.
She is the winner of « Sakuya Konohana Prize » awarded by the City of Osaka in 2014, as well as the « New Talent Award » from the Kyoto Aoyama Music Foundation in 2012.

Winner of many competitions including:
2001 Osaka International Music Competition, Junior-high school division: 1st Prize and Special Prize
2002 Nippon Harp Competition, Advanced Division: 3rd Prize
2004 Paris International Harp Competition of Cité des Arts: 1st Prize and Europe Concert Tour Prize
2007 USA International Harp Competition: Prizewinner
2012 Israel International Harp Contest: 3rd Prize and Mario Falcao Special Prize.

Since 2012, Mai has been invited to play at festivals and at many recitals, chamber music and concerto performances in Europe and in Japan. As a soloist, she has performed with the Israel Philharmonic Orchestra, Nara Philharmonic Orchestra, Japan Century Symphony Orchestra, France Caen Orchestra.
As an orchestra member, Mai has been invited to play at the Paris National Opera for Wagner’s Rheingold (2010) and at Seiji Ozawa Matsumoto Festival (2011 and 2015).
She is also often featured in Japanese radio program, FM Osaka and very recently, she was invited to play at the radio recording session, “Recital Nova” of NHK-FM radio program.

Japanese harpist, Mai Fukui grew up in Sweden and studied with Masayo Matsuo, Atsuko Yoshino, Susann McDonald, and Germaine Lorenzini. She studied at the Paris Conservatory (CNSMDP) in the class of Isabelle Moretti. Supported by a scholarship from Rohm Music Foundation (2008-09), Mai received her Master’s Degree with Unanimous Highest Honours and a Special Prize from the Jury in 2010.
Mai has been teaching at the Amiens Conservatoire in France (2014-2015) and since April 2018, she is teaching at the prestigious Tokyo University of the Arts.